Skip to main content

Takeshi Kakeda (tkskkd)
kakeda at zensow.jp
Japan - Ehime - Matsuyama

iki-iki practicioner & evangelist. I love agile, pattern language, permaculture, gardening, ultra & trail running, reading books, wife, kids and continuous learning & hacking.

micro.tkskkd.com

kkd

takeshi.kakeda

kkd

zensow.jp

@kkd

note.com/kkd

giantech.jp

危機感から始まる変化って実は大したことないのかも。危機感の先に他者への愛、自分への愛がないと結局不安や恐怖からの回避行動で終わるね。

どんな些細なことでも「この出来事にどんな意味があるの?」という「出来事意味づけゲーム」を楽しむことで些細なことを気づきとして捉える能力が上がる
のではないか仮説。最近ずっと左膝が痛いんだけどこれはなんの兆しなんだろう。もっと柔軟性高めておけーというサイン?(普通)

「自分は他の人とは違う」という痛みを克服するために「人とは違うことをするのが良い」という信念を作り出してこれまで動いてきたのだなぁということに今更ながら気づいた。でも本当はみんなと同じでいたかったんだね、という気持ち。

久しぶりにスタバに来たらスタバカード以外が使えるようになっていてよかった。交通系が使えるので良い。

2012年にマーシャルのNVC本(1版)を買い読書会やってわかったのはNVCの実践は自己愛と他者愛が不可欠という発見だった。家族や大事にする人とはNVCが使えてもそれ以外の人とは難しそうという印象だったがようやく他者とつながるという本当の意味がわかった。「最初から繋がっている」

いくらhowto頑張っても自分の認知がどこから来るのか気づかないと変わらないのでは仮説。不安や恐れから生まれる意識と行動ではいつまでも不安や恐れから抜け出せない。自分の意識はどこから来るのか1人観察会をしないと。

IBEXの松山ー仙台便が継続されるように今年中に一度は使っておきたい。仙台まで一気に飛べると岩手に行きやすいので大変助かる。両親の実家や親戚、いわて銀河100kmマラソンに参加しやすくなる。

娘が大学の授業で使っていたOcaml Blockyってのが何か調べてた。Googleのビジュアルプログラミング環境ベースで作られたのか。http://pllab.is.ocha.ac.jp/~asai/jpapers/ppl/matsumoto19.pdf

自分がTDDで感じたのはTDDは生命の働きと同じということだった。テストとは生きているとはどういうことかを示し、グリーンを保つとは生きている証しであり、リファクタリングとは生きたまま内部構造を精緻に進化させていくこと。レッドはサナギの中で身体を作り直す完全変態のようだ。

先日家族全員でカウボーイビバップを見てみた。子供が小さい頃に見てたけど彼らは全然覚えてないので今見たら色々感じるものがあるのかなと思う。早く『Call me,call me』が流れる夕焼けのシーンについて語り合いたい。

人間だけが自然任せでなく現状を踏まえてビジョンを作り世界を変えていける働きができる唯一の存在なのでこういうのは人間の役割だと学びました。https://twitter.com/oikawamaru/status/1446084430045409287?s=21

人がシステムを作って規模広げていくと複雑さを制御できないという一つの事例なのだろうか?世界的な研究対象になったりして。https://diamond.jp/articles/-/283454

観察よりも、思考よりも、行動よりも、フィードバックよりも、何よりまず自分の意識(=世界の見方)が変わらないとその後の振る舞いや感じ方がすべて変わるということを学んだので、そういうことを伝えていこう。まずは実践あるのみだ。

肉体的な痛みも、心的な痛みも、痛みを通じて自分の状態や自身の望むものが何かを知るためのというサイン。単に不快を快にすれば済むということではない。痛みを味わうことで痛みが伝えるメッセージを解読できる。痛みをなくすことばかりに注力していると気づきの機会を失ってしまう。

同調圧力も辛いけど、誰も理解できない・同じレベルで話ができないというのもだいぶ辛い。同調圧力に対しては個人の鈍感力を上げることで対応できるけど、後者は自己完結するのは非常に難しいので、ひたすら孤独に耐えるか外に向かうしかない。その辛さを自分の忍耐力の試練と考えるか外に出立するか。